« 好事魔多し… | Main | 森の香りに包まれて »

10/21/2009

有朋自遠方来 不亦楽

いいかげん放置っぷりですいませんw

「有朋自遠方来 不亦楽 」 (「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや。」)
ということで、高校時代の後輩(美人人妻<コレ大事)が久しぶりに訪ねて来ました。
リクエストとして、「寿司が食いたい」「温泉に行きたい」「北海道神宮に行きたい」「北海道らしい風景を見たい」と、 前半はともかく後半はなんともユニーク。
北海道らしい風景とはなんぞぞや…と思いつつ、ただドライブでは面白くなかろう…ということで。
とある企画を計画。
でも詳細は本人には内緒。「水曜どうでしょう」方式を採用ですw

とりあえず、札幌を出て道央自動車道三笠ICへ。
そして桂沢湖を抜ける紅葉ルート。
夏の長雨もあり、例年よりも物足りなさはあるもののダイナミックな紅葉は北海道ならでは。
そのまま富良野へ滑り込み、とりあえず軽くジャブとして、富良野プリンスのニングルテラスへ。

DVC00076

森の回廊……マイナスイオンが見えるw <似非科学w

そして上機嫌にさせたまま、車はまっすぐ美瑛へ。
ここで企画が発表されます。 

 

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

 

 

「はい。ここから自転車で美瑛を回ります」

「は?」

「だから丘の街美瑛を、自転車で回ります。すでに自転車は用意してあります」

「は???」

「ちなみに予定距離は20キロ。高低差有りのやりがいのあるコースです。」

「は?????????」

我ながら酷い人です。
相手が後輩とは言え容赦ないです。


ちなみに今回のルートはこちら。美瑛の外周をぐるっと回り、パッチワークの道を経由して帰ってくるルートです。

とはいえ、初心者の女性ですから。
電動アシスト車を用意。これでレッツゴーです。
(むしろこちらのDAHONのほうが不利だという話もなきにしもあらず・・・・)

今回の目的地のひとつが、美瑛の端。マイルドセブンの丘の麓にある「ランドカフェ」で食事…というのが目標。
珍しいドイツ料理を食べられるお店ということもあり、ここを目指します。

……いけね。途中の写真とってないやw
丘の街・・・といっても、勾配は思いの外少ないコースです。
一番きついのが、国道からカルビーの工場脇を抜ける坂のみ。ココさえクリアすればあとはぬる~い坂が続きます。
お約束のケンメリポプラを経由して、展望台から一路ペダルを漕ぐこと30分あまり。
「道に迷ったかな?」という気がする頃(ほんとにGoogle mapで探したw)に、お店はでてきます。

DVC00123
自転車が主役のようだw

メニューとしてはいろいろあるのですが、とりあえずはソーセージのランチを。
 DVC00125
ビールはノンアルコールのビットブルガーですよw

しかしこれが美味いw
ソーセージはもちろん、ライ麦パンも絶品。
このためだけに美瑛に来てもいいんじゃないかと思うほど。
シーズンオフと言うこともあり、のんびりとした時間を過ごしましたが、日が落ちるのも早いこの季節。
後ろ髪をひかれつつ、早々に撤退です。うん、また来よう。

 DVC00126
あいにくの曇天模様でしたが、時折カーテンのように光が差すのは幻想的。
肥料用に植えられているのか、なぜか満開のひまわりをバックに一枚。

全行程、20キロほど。
同行人のペースに合わせたので、平均速度は10km/hほど。
まったく無理のないペースで賞味3時間ほどのポタリングでした。

今度は水源地の方も回るルートもいいかなぁ……。

 

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

 

 

 

|

« 好事魔多し… | Main | 森の香りに包まれて »

Bicycle」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121980/46547194

Listed below are links to weblogs that reference 有朋自遠方来 不亦楽:

« 好事魔多し… | Main | 森の香りに包まれて »