« 出張輪行 | Main | ビジネスツールとしての自転車 »

08/05/2009

出張輪行 釧路湿原の旅

 そして土曜の朝。
霧の町釧路とは思えぬピーカンの快晴。日頃の行いの良さですな…と自画自賛。むふーん。
当初は和商市場で勝手丼というお約束を狙いつつも、「朝から魚介の丼は重いなぁ……」というヘタレな理由で撤退。
本州方面の方には石を投げられそうな撤退っぷりです。

和商市場で検索してきた方、ごめんなさい。
勝手丼は食べてません。<こうして書くから検索されやすくなるんだと……w

とはいえ、ホテルのバイキングで腹を満たしていざスタート。

まずは幣舞橋から スタート。
最近 ではラッコのくぅちゃんで有名だったところ……。

DSCF1285

そしてそのまま北上。
JR線と平行して釧路湿原の東側を北上していきます。
DSCF1287

のどかな風景ですよ。はい。

途中、釧路町遠矢で「岩保木山」という看板に誘われ右折。
このまままっすぐ行くのが近道とわかりつつも脇道へ……これが失敗の始まり…

なにが失敗って、途中から林道に入り、MTB向けのコース。
ひたすら上っていく訳ですが、途中で折り返すのも癪なので、じわじわと上っていきます。
僅かに期待をつないだのは、ごくまれに通る車と、営林署関係と思われる人の影。
それでも携帯GPSとにらめっこをしながら、現在位置を確認しつつ先へ進むこと1時間………

DSCF1292
やっとこ到着。細岡展望台。

 

さすが の眺望です。反対側の湿原展望台は何度もありますが、こちら側は初めて。
苦労の甲斐もありますが、その風景は絶品。
ただ、周囲の「なんで自転車で来てんの?」という空気だけは……w

その後、ビジターセンターで水分補給。
そして細岡駅を経由して、達古武沼を左に見ながら快適な走行。
とにかくここが一番快適。ここのためだけに走ってきたんじゃないか……と思うぐらいなのですよ。

DSCF1296 DSCF1298

DSCF1301

DSCF1302

写真の連貼りもしたくなるわけですよ。

ただ、元気だったのはこのへんまで。
正午近くになってジワジワと熱中症のような症状が…。
気温が低いとはいえ、徐々に体力が奪われます。

とりあえず「塘路湖を目指そう」と走り出してみるものの、峠を登り切ったところでスタミナ切れを自覚。
久しぶりの長距離ということもあり、戦略的撤退をすることにしたのでした。

その後、休み休み遠矢に戻り、遅い昼食食べるべく洋食屋的食堂に入ってみると、なんとこれがB級グルメスポットだったのでした。   

DSCF1306
南蛮酊
北海道釧路郡釧路町遠矢1丁目39
0154-40-3117

なにが凄いって、とにかく大盛り。でもって安い。さらには美味い。

DSCF1305
絶対に一日分のカロリーは回収しちゃう肉の厚さ……
ザンタレが名物だったらしいのですが、量的に危険度が高いので要注意のようです(^^; 

腹がふくれたものの、熱中症の症状はなかなか改善されず、ちまちまと湿原道路を経由して釧路市内へ。
途中何度か心が折れそうになりましたが、まぁ、これもまた夏場のポタリングでの教訓ですね。
ボトルケージを大型の物にせねば……。

予定よりも早めに終えたポタリングでしたが、出張+輪行というのも病み付きになりそうです。
そう何度もできるものではないですが、そのうちまたやってみたいものです。

 

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

 

 

|

« 出張輪行 | Main | ビジネスツールとしての自転車 »

Bicycle」カテゴリの記事

Travel」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121980/45840376

Listed below are links to weblogs that reference 出張輪行 釧路湿原の旅:

« 出張輪行 | Main | ビジネスツールとしての自転車 »