« 転ばぬ先の…… その1 | Main | 栗山~由仁 ポタリング その1 »

04/10/2009

転ばぬ先の… その2

英式バルブに対応したインフレータが無い。直付けの場所がない。
という二つの壁にぶつかったわけですが、意外なところでそれは発見されました。

近所のAEONショッピングセンターをぶらついていると、季節商品的に売られている自転車コーナーの隅に、携帯用インフレータがいくつかありました。
そのうちの一つが、なんと米英仏全部に対応できるとあるじゃないですかっ。
こんなところで!やるじゃないかっ!

DVC00011

ものはこちら、アメリカンイーグル アルミフレームポンプ。
amazonでもググっても該当商品が出てこない…ということは、デッドストック?
しかもこれ、ボトルケージの穴を利用して取り付ける………Boadwalkにもあったよな……。
ってことは、いけるんじゃね?ということで、人柱決定w

ポンプが米英仏 ノルマンディー上陸作戦仕様とはいえ、バルブ形式に対応するよう内部パーツをセット。
DVC00013
注入口の中にある樹脂部品とゴム部品の向きを組み合わせるだけ。あら、簡単w
では、取り付けに参りましょう。

DVC00012
防水のため、プラスチックのキャップが付いています。
買ったときには、「なんだろな…」と思ってましたが、どうやらこれがボトルケージの穴でした。
ちなみにボトルケージはペットボトル500ml用のお安いのをチョイス。

MINOURA PC-500 ボトルケージ(シルバー) MINOURA PC-500 ボトルケージ(シルバー)

ミノウラ
売り上げランキング : 5868
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポンプのホルダと一緒にアーレンキーでネジ止め。
作業的にはこれで終わりです。(作業中の写真も取り忘れるぐらい簡単w)

DVC00014

ホルダに引っかけた上で、ホルダ側のピンとインフレータの穴を合わせて場所を固定。
さらに付属のバンドで固定するので、走行中も安心な感じ。

DVC00015
取り付け状態はこんな感じ。
作業時間15分と、これまた「楽勝♪」と思っていたら、好事魔多し…。思わぬ落とし穴があいてました。
折りたたむ際に、インフレータが干渉して折りたためないことが発覚。
蝶番の内側に装着するようにセットしたのが失敗の元でした……

ということで、気を取り直して反対側に装着。
DVC00016

数センチほど突き出る形になりますが、まぁ、許容範囲。
これで一安心っちゃ、一安心なんですが、出番がないことが一番ありがたいこと。
いつまでも飾りであって欲しいアイテムです。

自転車トラブル解決ブック (Outdoor) 自転車トラブル解決ブック (Outdoor)
丹羽 隆志

山と溪谷社 2005-01
売り上げランキング : 284
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あと、こいつだけは忘れちゃいけない………w

|

« 転ばぬ先の…… その1 | Main | 栗山~由仁 ポタリング その1 »

Bicycle」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121980/44621757

Listed below are links to weblogs that reference 転ばぬ先の… その2:

« 転ばぬ先の…… その1 | Main | 栗山~由仁 ポタリング その1 »