« 北国の春 ポタリング | Main | 転ばぬ先の… その2 »

04/09/2009

転ばぬ先の…… その1

自転車通勤は諸事情によってできないのですが、なにかしら理由を付けてチャリチャリしてます。
ちょっと前まで近所のコンビニに行くのに車を出してたことを考えると、ずいぶん変わったなぁ…とw

この時期の北海道、道路脇は冬の間に溜まった砂利などがたくさん落ちています。
先日のような遠距離ポタはそう頻繁にあるわけではないですが、そもそも釣りに行ったついでとか、輪行的なことをしたい… と思っているだけに、この砂利を見るたびにパンクの不安を感じる今日この頃です。

雑誌などを見ると必ずといっていいほど、パンク修理キットとインフレータ(空気入)の携行をお勧めされているわけですが、 たしかに万一北海道の田舎道でパンクしたら…と考えると、ちょっとぞっとします。自転車屋のある町までどんだけあるのよ… ってw
Boardwalkを買った店でその話をすると、「まぁ、そう滅多にパンクしないから。それに、そんな長距離はそんなに無いでしょ?大丈夫、 大丈夫」とまぁ、心強いアドバイス。携帯用インフレータを売りつけるチャンスなのに…商売気のないというか、なんというか… w
でも、心配は心配なんですよね……(^^;

ということで、「転ばぬ先のなんとやら」ということで、携帯用インフレータを物色したのでした。
ところが、意外にこれが難航することになるのです…。

boardwalk

まず第一の問題はBoardwalkは英式バルブということ。

自転車に興味を持つまで、自転車のバルブに種類があるなんて知りませんでしたよ。
ってか、普通の人は知らないってw
一般に流通している自転車のほとんどは英式と呼ばれるバルブ形式。Boadwalkも例に漏れずこれなのですが、 ロードレーサーなどでは仏式と呼ばれるバルブを使っているんだそうです。(空気圧の微調整ができるからなんだそうですが…)

bulb2
じゃぁ、英式を買えば…ってことになるのですが、携帯用のインフレータを探しても、ほとんどが「米式・仏式対応」となっており、 英式対応ってのがほとんど無いんですよ。これはやっぱり英式バルブの自転車でそういうことを考えるな…ってことですか?

それでも諦めきれず、しつこく探してみると一応はあるにはあることが分かってきました。
amazonさんで見つかったのが、こんな感じ。

エスケーエス(SKS) エアボーイアルミ コンパクトポンプ 英・仏・米対応 AIRBOY ALU エスケーエス(SKS) エアボーイアルミ コンパクトポンプ 英・仏・米対応 AIRBOY ALU

by G-Tools


エスケーエス(SKS) インジェックス・アルミ T-ZOOM コンパクトポンプ 英・仏・米対応 INJEX ALU T-ZOOM エスケーエス(SKS) インジェックス・アルミ T-ZOOM コンパクトポンプ 英・ 仏・米対応 INJEX ALU T-ZOOM

by G-Tools

 

ミニフロアポンプ BFP-AMAS1 ミニフロアポンプ BFP-AMAS1

by G-Tools


とはいえ、こんなもんです。
ほんとに無いのです……。

そして第二の問題は「取り付け場所がない」ということ。
もちろんバッグに入れておくというのでもいいんです(そもそも修理キットは入れてますし)が、なるべく自転車直付けのほうが楽。 なんせ嵩張りますから。
それならばシートポストやフレームに取り付けたいところですが、ここはフォールディングの辛いところ、 シートポストは折りたたみの度に下げることになるので、そんな場所はない。
となると持ち運びしかないのか……。となります。

さぁて、どうしたものか……やはりあのアドバイスに従うか、それとも多少不便でも鞄に入れるタイプにするか…と悩むのでした。

|

« 北国の春 ポタリング | Main | 転ばぬ先の… その2 »

Bicycle」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121980/44621349

Listed below are links to weblogs that reference 転ばぬ先の…… その1:

« 北国の春 ポタリング | Main | 転ばぬ先の… その2 »